2月17日(土) 奥美濃・大日ヶ岳スノーシューツアーを開催いたしました!

【TRANSLATIONツアー 奥美濃・大日ヶ岳スノーシュー 登山レポート】
 

2月17日(土) 奥美濃・大日ヶ岳スノーシューツアーを開催いたしました!
当日は午後から荒天の予報で厳しい「山行」が予想されましたが、残念ながら予報通り、高鷲スノーパーク到着時から雪が降りだしました。
気温もぐっと落ち込む中、ウェアを着こみ、スノーシューを装着し急いで登山スタートです!
 

陵線までの道のりは、腰の深さ程の新雪がしっかりと積もっており、今回ガイドをして頂いた原ガイドの頼もしいラッセルが印象的でした。
雪をかき分けながら、息を切らしてのハイクアップの後、たどり着いた陵線では風速20メートル近い風と横殴りの雪が、私たちの足取りを阻んできました。
 

しかし、ここで役立つのが高機能ウェアの数々。ハードシェルはしかりと雪と風をシャットダウン。アンダーウェアは汗ばんだ体の体温低下を防ぎ、荒れた天気の中でも快適性を保ち、無事全員で登頂を果たすことが出来ました!
 
登山はお天気の良い時に行きたいな…というお声も多いのですが、個人的には、こういった荒れた天気の登山も、非常に楽しく思います。(あくまで安全の確保が最優先ですので、無理な山行は避けましょう。)
時にこうして山は厳しい表情を見せるのですが、それを乗り越えて目的地に辿り着いた喜びは、他には無い喜びなのではないでしょうか。
 
下山後は、登山で冷えた体を温泉にてゆっくりと温めて、しっかりと疲れた体を癒す事が出来ました!
下山後の温泉や暖かいご飯も、こういった登山の楽しみの一つですね!
 
あいにくの天候の中でのツアーでしたが、無事にツアーを催行することが出来たのは、原ガイド及び参加された皆様のおかげと感じております。本当にありがとうございました!
 
TRANSLATIONでは定期的にこういったツアーを開催しております。
次回開催は未定ですが、決まり次第、当ホームページや店頭にてお知らせさせて頂いております。
皆様のご参加を、お待ちしております!

関連記事

PAGE TOP